新社会人が知っておきたい7つのこと

社会人になってから5年を超え、現職のグローバル企業に転職してから1年が経ちました。まだまだ20代として頑張って働いているのですが、今まで本を読む・体験したことをもとに、役に立った考え方や心がけてきたことを記事に書いてみましょう。対象はこれから社会人になるであろう新人さん向けに記事を書いています。

関連記事: 社会人としての勉強法: この人には絶対勝てないメンターを見つける

 

OJTとコミュニケーションを取る

通常の企業であれば、新人1人に対して1人OJTが付きます。OJTの社員はもう業務に関してはかなり熟知しており、社内の人間関係も精通しているし、スキルの高い人が選ばれます。そのためOJTの人とはうまくコミュニケーションを取り、新人のうちに色々と教えてもらいましょう

 
具体的には、仕事に関してや仕事の意見についても聞いてなんでも吸収することをおすすめします。新人のうちはなんでも聞けますし、相手も実は新鮮な意見を求めているので、お互いに意見を言えるのが理想です。

 

なんでもメモる・調べる癖を持つ

上記項目とやや矛盾しますが、何でもかんでも人に訊くとあきられてしまいます。極論を言えば“To continue, strike ESC key immediately.”みたいな簡単な英文が出てきて、毎回これって「どういう意味?」なんて100回も言われたらどう思うでしょうか?(前職での実体験)

 
本音は「それくらい調べてくれよ。。」と思いますが、口に出さないのが大人の対応。だけどこれでは成長は無いので、訊いたことに対してメモる、簡単なものは調べる癖を身につけましょう。

 

PCセキュリティに気をつける

大切なことなのでここだけは読んで下さい。個人のPCを持ち込んだり、USBメモリを他のパソコンに差し込むなどが大学の現場では起きていますが、会社では許可のない端末の持ち込みやデータの持ち出しはご法度です。

関連記事: 【新入社員向け】情報流出を防ぐために最低限知っておきたいパソコンやスマートフォンの使い方

これから新社会人になる前に知っておきたい7つのこと 1

 
スマートフォンを毎日利用する時代になり、例えば充電のためパソコンにUSBケーブルを接続したときにでも、セキュリティの脆弱性を付かれてウィルスが侵入する・情報が流出するリスクがあります。企業が経済的に損失を受けたり最悪起訴されても不思議ではありません

 
スマートフォンの利用者は日本の若者ではほぼ100%ですが、セキュリティに関しては一度知っておくべき項目なのでパソコン得手不得手関係なく常識です。

 

コンプライアンスの尊守

ブログ、Twitter、Facebookも含めた、いわゆるSNSの利用機会は少なくないですがこれらに自分の会社の情報(会社名・業務内容・従業員のプライバシー等)を書くことは許可がない限り避けて下さい。例えば「今年の新製品に〇〇が登場する。」とか「うちの会社のXXがこうなってる」などは書かないのが常識です。

 

本を読む

インプットという意味で本というソースはまだまだ有用です。仕事に関するもの、趣味に関するもの他にも小説などなどジャンルは問わずに色々と読むことをおすすめします。インプットなしではアウトプットはありえませんので、本はなるべく読むように心がけてください。

 
ちなみに面白くなかったら途中で辞めてしまっても良いし、ザーッと概要だけつかむという読み方でも十分です。むしろゆっくり読むより高速で3回読むほうが頭に入ります。

関連記事: 【読書術】企業人としてのおすすめの本の買い方と読み方

 
これから新社会人になる前に知っておきたい7つのこと 2

 
私がよく人にする質問で「何かおすすめの本はありますか?」と聞きます。この質問に答えられるのが格好良い社会人だと思っています。

 

趣味を持つ

趣味はとてつもなく大切なものだと私は思っています。趣味が発展して仕事に役立つこともあるし、ストレス解消や心の支えとしても大きな意味を持ちます。私はブログと釣りを2大趣味として続けています。仕事から離れて本気で楽しめるものはとても貴重です。本気になれる趣味は一生ものになるので続けることをおすすめします。

 
ちなみに私は色々とハマりすぎたせいか、『ご注文はうさぎですか?』もルアーフィッシングも、Appleも、英語も、ブログ作成も好きなとても多趣味すぎる結果になりました(笑)。逆に言えばこんな人は滅多にいないと自負しています。

これから新社会人になる前に知っておきたい7つのこと 3

 

そのままの自分を受け入れ肯定する、決して否定しない

新人が仕事ができないのは当たり前。真面目な人や理想が高い人は満足しておらず、無意識に自分を責めたり、否定するかもしれません。

 
しかし責めたところで何も生産性があるわけではありませんし、まして人の性格は変えられません。なので自分を否定せずに受け入れることを習慣にしましょう。