Apple Watch Series 3 GPSモデルとセルラーモデルの違いまとめ

どうもMaxy (@Maxy_Ringo)です。9/22に発売された、Apple Watch Series 3のGPSモデルとセルラーモデルとGPSモデルの違いをまとめてみましょう。

 
セルラーモデルではApple Watch単独での通話・通信が可能に

 
セルラーモデル最大の売りが、Apple Watchでの単体通話とアプリの受信が可能であることです。今まで必須だったiPhoneとのペアリングが必要なくなり、例を挙げるなら、ちょっと出かけるときにiPhoneを持たなくても、Apple Watchだけで電話やLINE等の着信を受信することができます。他にもメッセージをiPhoneなしで受信するなど用途の幅が大きく広がりました。

 

Apple Watch Series 3 GPSモデルとセルラーモデルの違いまとめ 1

 
画像引用: https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-3/

 
以下にApple Watch Series 3のGPSモデルとセルラーモデルの比較表を作成しました。前述の通り、Apple Watch単独での利用が可能であることと、内部のストレージがGPSモデルに対して2倍の16GBとなっています。

 

 
Apple Watchセルラーモデルでの単独での通話・通信を利用するためには、現状として、au・docomo・SoftBankいずれかの通信業者との契約が別途必要です。Apple Watchセルラーモデルの携帯電話番号は、店舗で設定したiPhoneと同様のものとなります。つまり、電話がかかってくると、iPhoneとApple Watch両方に電話がかかってきます。

 
契約については、auでは「ナンバーシェア」、docomoは「ワンナンバーサービス」、SoftBankでは「Apple Watch モバイル通信サービス」と、各社名称は異なりますができることは上記と同じです。料金は月額350-500円ほどとなっており、格安でApple Watchの単独通話が可能になりますのでセルラーモデルを入手した場合は加入するほうが良いでしょう。

 
ステンレスモデルと、Editionモデルはセルラーモデルだけ

 
2017年10/8現在、ステンレスボディとセラミックボディのEditionモデルは、セルラーモデルのみの選択となります。両者とももともと上位のモデルでしたので、これは必然かもしれませんね。

 
Apple Watch Series 3 GPSモデルとセルラーモデルの違いまとめ 3

Apple Watch Series 3 GPSモデルとセルラーモデルの違いまとめ 4

 
画像引用: https://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch-edition

https://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch

 

Apple Watchのラインナップが整理され、セルラーモデルが必要ないGPSモデルを希望するユーザーはアルミニウムボディのみの選択肢となりました。アルミニウムボディはGPSとセルラーモデルどちらとも選択可能です。

あとがき

Maxy

Apple WatchもついにLTEと接続が可能となり、Apple Watchから単独で発信するなど、より柔軟な用途にも対応できるようになりました。特にワークアウトをメインとするユーザーで、iPhoneは煩わしいので家や車の中に一時的に置いておく。。なんて使い分けもできるようになりましたね。

よろしければシェアお願いします!