Apple WatchをiPhoneのカメラのシャッターボタンにしよう。

Apple Watch

Apple Watchの見逃せない機能として、iPhoneのカメラの写真をApple Watchで撮影できることです。この機能としては、ツーショットや家族などで集合写真を撮るときに非常に便利です。

 

Apple WatchでiPhoneのカメラアプリを起動する。

Apple Watchのアプリで、カメラアプリをタップします。するとiPhoneのカメラアプリが起動します。

 

Apple Watchで写真撮影を行う。

Apple Watchのカメラアプリでは、Apple Watchの有機ELにiPhoneのカメラが移している像を表示できます。シャッターボタンを押すことでiPhoneのカメラのシャッターが切られます。

 

Apple Watchを使って3秒のタイマー撮影を行う。

Apple Watchに表示される“3 s”をタップすると、iPhoneで3秒のタイマー撮影が行なえます。

 
3sをタップすると、iPhoneでも「3・2・1」とタイマーが始まります。

 

3秒タイマー撮影の応用

3秒タイマーのメリットとして、三脚を使っての撮影にとっても便利なところです。Apple Watchでのカメラのシャッターコントロールの最大のメリットは三脚を活かしての撮影となります。

 

旅先で背景をバックに人物を写真を撮影したい場合に、三脚にiPhoneをセットしてApple Watchで3秒タイマーを使えば離れた場所から安定して撮影できます。旅行での記念撮影におすすめですね。

関連記事

デジカメとiPhoneの2 Wayで使えるミニ三脚「Manfrotto ミニ三脚 PIXI Smart」レビュー
デジカメやiPhoneで写真で手ブレが少ない写真を旅先で取りたいと思ったことはないですか?特にムービーを撮影するときは、iPhoneをデジカメを手持ちで撮影するより、三脚を使ったほうが圧倒的に動画が安定します。 今回ご紹介するのは...