iMac 5K 2017にmacOS Mojaveをクリーンインストールしました(Adobe CS6は使えない?)

iMac 5K 2017にmacOS 10.14 Mojaveをクリーンインストールしました。なかなか快適なので、感想やメモを書きます。

クリーンインストールの手順はこちら: 【保存版】macOS High Sierra (OS X)のクリーンインストール方法とその準備

 

全体的な動作は快適

iMac 5Kのハード的は一切変更なしです(iMac 5K 2017, Core i5, RAM 24GB, Radeon Pro 580)。

関連記事: iMac 5K 2017レビュー、今まで使ったMacの中でも最高の一台

 
クリーンインストールした直後なので当然ですが、動作はキビキビとしていて快適です。懸念していたマルチディスプレイ接続時に、スリープから立ち上がらないバグもなくて快適です。

 
ちなみに、私はMojaveから写真管理ソフトを「写真」からAdobe Lightroom Classic CCに変更しましたが、Lightroomが使いやすくてびっくりしています。

 

Mojaveで使えたサードパーティ製アプリ

  • Adobe Photoshop CC
  • Adobe Photoshop Lightroom CC
  • Microsoft Office 365各種
  • Language Switcher
  • Lyrics Master
  • Dropbox

 

SSDの空きが20GBくらい増えた

ファイルはほとんどそのまま引き継ぎしたにもかかわらず、10.13 High Sierraと比較してSSDの空き容量が20GB前後増えていました。(10.13では空き容量が250GB前後でしたので。。)

 
長く使っているとそれだけゴミが増えているので、クリーンインストールはメンテナンスとしてとても有効ですね。

 

Adobe CS6が使えなくなった

裏技を使って10.13でも、Adobe CS6を使っていましたが私の環境下では10.14でCS6がついに立ち上がらなくなってしまいました。。

*Java SE 6はセキュリティ的に危険なのでインストールしません。

 
私はCS6からCCに切り替える予定でしたので気にしませんでしたが、10.14で引き続きCS6をご利用を検討している方は10.13を使える環境を残したほうがいいかもしれませんね。

 
ちなみに、10.14で正常に起動した例もあるようです。以下のリンクをご参照ください。↓

一足先にmacOS Mojaveにアップグレードしてみたよ

 
MojaveでAdobe CS6が使用できないかは一概には言えません。しかし、Adobe CS6はとっくにサポートを終了しているので、この機会にCCに乗り換えるのもありかと思います。

 
あとがき

最新のmacOS MojaveをiMac 5Kをインストールしてみましたが、かなり快適です。10.13のHigh Sierraよりは動作も快適だし、プライバシー保護面も強化されているのでおすすめですね。10.14 Mojaveで追加/変更された細かい部分は後ほど記事で公開予定です。