iPad

iPad ProでiPhoneを充電する方法

どうもまきしです。今回の記事では、iPad ProでiPhoneを充電をする方法を書きたいと思います。USB-Cを搭載したiPad ProはUSB-CをLightningコネクターに変換することで、iPhoneを充電できるのです。

 
環境

  • iPhone X
  • iOS 14.0.1
  • iPad Pro 11-inch (第2世代, 2020)
  • iPadOS 14.0.1

 

iPad ProとiPhoneを接続する。

iPad ProのUSB-Cを変換します。一番スマートな方法は、USB-C-Lightningケーブルを使って直接iPadとiPhoneを接続するのが無難です。

 
ただ、USB-C-Lightningケーブルは結構ニッチなケーブルなので、今回はUSB-C-USB-A変換コネクターを使って、その先にUSB-A-Lightningケーブルを接続することにしました。下図のようになります。

 
USB-Cアダプタを使って、間接的にiPad ProとLightningケーブルを接続するとiPhoneが正常に充電されました。

 

iPad ProでiPhoneを充電するメリット

iPad ProでiPhoneを充電できるのは結構メリットがあります。例えばモバイルバッテリーが充電切れなときや、そもそもモバイルバッテリーをなくしてiPadを充電バッテリー代わりにすることで荷物を減らすなどが可能です。

 
iPad Proは28.65 WhとiPhone Xの10 Whの約3倍弱のバッテリー容量があるので旅先でiPhoneとiPad Proしかないときなどに緊急的に充電することもできるでしょう。

 
先日発表されたiPad Air第4世代でもUSB-Cを装備しているので、同様にiPhoneを充電できると考えられるでしょう。

https://ringo-kirara.com/ipad-pro-4th-ipad-air-4th-compare/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 自動車メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-iPad
-,

© 2021 Apple Compass