iPhoneで撮影した動画をMacの「写真」アプリに取り込んで再生する方法

iPhoneで撮影したムービーはMacの「写真」アプリでも閲覧・管理可能です。ただし、フォトストリームでは自動的に同期してくれないので一工夫必要です。

 
1.iPhoneとMacをLightningケーブルで接続して動画の取り込み。

 
過去に記事を書いた方法で、iPhoneの動画をMacのFinderに取り込むことができます。まずは取り込みたい動画を選んでMacにコピーしましょう。

iPhoneで撮影したムービーをMacに直接保存する方法

2014.11.14

 
2.写真アプリを起動する。

 
Macの写真アプリを起動します。

 
Photos iPhone動画取り込み 3

 
3.Macに取り込んだ動画ファイルをドラッグアンドドロップする。

 
取り込みたいファイルを、写真アプリにそのままドラッグアンドドロップします。これだけで動画が取り込まれます。

 
Photos iPhone動画取り込み 4

 
取り込まれた動画はPhotosの動画メニューに表示されます。iPhoneで撮影したムービーは、年代順に自動的に整頓されます。このようにサムネイル形式で動画を選択でき、再生したいときはファイルをダブルクリックするか、スペースキーを押すと再生が開始されます。

 
Photos iPhone動画取り込み 1

 
写真アプリ上で再生中の動画です。このように、再生している動画とサムネイル形式を同時表示できるので、気になる動画やみたい動画も手軽に選択できるのが強みですね。家族などにシェアしたいときには良いですね。

 
Photos iPhone動画取り込み 2

 
あとがき

 
iPhoneで撮影したムービーはMacの大画面でシェアしたいはずですので、iPhoneで撮影したらすぐにMacに取り込むことをおすすめします。動画はこの方法で取り込むのが確実なのでMacでiPhoneの動画を見たい方におすすめですよ!

よろしければシェアお願いします!