Lure Fishing

【管理釣り場テクニック】スプーンのカウントダウンの正しい方法

どうもみなさんこんにちは。まきしです。

今回は管理釣り場で必須となるマイクロスプーンの正しい使いかたとカウントダウンの方法について解説していきます。

管理釣り場でルアーを使う上でもっとも大切な要素は、カラーやルアーの種類、巻くスピードではなく「どのレンジを探るか」です。

 

まきしの釣り歴の紹介

私まきしは、小学生よりヤマメやイワナをターゲットとした渓流でのルアーフィッシングを楽しんできました。20年ほど渓流でのルアーフィッシングの経験があります。得意なのは7フィートのワールドシャウラ2701FF-220シマノツインパワー2500HGSを使ったロングキャスティングスタイルです。

スプーンのシェイキングとドリフト、ミノーのトゥイッチング、U-エフェクトが得意です。ヤマメだと1000匹くらいは生涯で釣り上げてきました。

 

渓流でのルアーフィッシングのベテランでしたが、2021年ごろ管理釣り場の面白さを再認識して現在はエリアフィッシングも熱中しています。

使用タックル

 

なぜレンジは大切なのか

管理釣り場の魚(主にニジマス)はその日や時間帯によって、釣れるレンジが異なります。

例えば今日は表層が良かったり、中層が良かったり、暑い時間帯は底が釣れる。。など、魚表層から底の方まで移動します。

そのため、管理釣り場で釣りを始めたらまずやらなきゃいけないのが、スプーンでカウントダウンでのサーチということになります。

 

スプーンのカウントダウンの方法

スプーンのカウントダウンの方法を書きます。まず、自分で基準となるスプーンを選びましょう。ポイントは1.6-1.8gのウェイトを選択してください。私はヴァルケインのハイバースト1.6gを基準に使っています。

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥495 (2022/10/04 06:26:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

カウントダウンの具体的な方法は下記の3ステップです。

①キャストします。

②着水したら、リールを少し巻いてラインスラックを取ります。糸がピンと張れば完了です。

③自分の心の中で数を数えます。ボトム(川底)にスプーンが到達すると張っていた糸がたるみます。

例えば、ステップ③の糸がたるんだのが10カウントとしましょう。10カウントでボトムなので、カウント5で中層。カウント7 8でボトム付近、カウント2 3で表層付近にスプーンがいることになります。

カウント10からリールを巻けば、底付近をルアーを引けますし、カウント5からリールを巻けば中層からルアーを引くことができます。

次にカウントダウンでいろんなレンジをルアーを通して、魚の当たりやチェイスがあるかを探ります。これがカウントダウンによるサーチです。

 

スプーンをキャストする前に確認したい巻くスピード

スプーンをキャストする前に、ピッチングなどで足元にルアーが見える範囲で投げましょう。

スプーンを自分の目で見ながら、浮きも沈みもしないスピードの感覚を覚えます。これはスプーンの重さや、シルエット、糸の種類によって異なるのでカウントダウンの前に確認しましょう。

ざっくりとマイクロスプーンのスピードは1秒間にハンドル1回転が目安ですが、あくまでも自分の目で確認しましょう。

ちなみにハンドルを巻くスピードが遅いと沈んでしまい、ハンドルを巻くスピードが速いと浮き上がってしまい、カウントダウンで刻んだレンジからスプーンが離れてしまいます。

基本は、スプーンが浮き沈みしないスピードを保つのがポイントです。

 

スプーンのカウントダウンまとめ

スプーンのカウントダウンによって魚が表層にいるのか?中層か?底付近か?を確認できます。

スプーンを使うには必須のテクニックだし、釣り場に着いたらまず始めるべきサーチなので、管理釣り場で釣りをする際には必ずスプーンのカウントダウンで探りましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-Lure Fishing
-,