Lure Fishing

22イグジストが22ステラより圧倒的に優れていること

どうもみなさんこんにちは。まきしです。

2022年の釣り業界で注目な製品と言えば、シマノ2022ステラとダイワ2022イグジストでしょう。どちらもフラッグシップのスピニングリールです。

私はシマノ派なのでシマノのリールに信頼を置いています。しかし、2022のイグジストが2022ステラよりも圧倒的に優れている面が3つあるので紹介していきます。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥85,964 (2022/05/26 03:08:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

圧倒的な軽さはダイワのリールの特権。

ダイワのリールのメリットは何かと言われれば、圧倒的な軽量化です。

例えば2500番代のリールを比較したときに、イグジストは160g、ステラは205gとなっております。

1g台の超軽量ルアーを扱う管理釣り場や、バスフィッシングのフィネスの釣りでは軽さが求められますので、実用的な道具としてはダイワの方が実践的です。

確かにステラのギア技術は、釣りのリールでは世界一ですが長く使える趣味の道具としての意味合いも強いですね。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥68,037 (2022/05/26 03:08:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

イグジストにしか無いモノコックボディ

これもダイワのリールの魅力です。イグジストの外装はマグネシウムのモノコックボディを採用しています。

22ステラですら搭載していない技術です。モノコックボディは金属削り出しのボディなので強度はもちろん、軽量化にも貢献します。(現代の乗用車がモノコックボディを採用しているのも高まる安全性と燃費のためです。)

絶対的な性能ではステラは別格ですが、エンジニア的に見ればモノコックボディというのは非常に優れたボディです。なぜ技術屋であるシマノが採用しないのか疑問なほど。

ここはダイワさんの売りの部分なので、技術を知っている人ほどダイワは面白い技術を搭載しています。

 

アフターが良いのはダイワの特権

22イグジストはなんと、5年間年一回のオイルチェックと一回のオーバーホールが無料です。

ダイワのリールはマグシールドという特殊なオイルを搭載しているので、オイルチェック5年間無料は嬉しい限り。

 

また、リールのカウンセリングもエキスパートが担当するのでいいものを長く使って欲しいダイワの心意気を感じます。

アフターがしっかりしているのはダイワの特徴かなと思います。

 

ステラとイグジストどっちが良いか

ここからは私の主観になります。ステラとイグジストどちらが良いか。これは結論から言えば好きな方を買うべきです。

ルアーフィッシングは非常に趣味性が高い趣味ですし、このクラスのリールを買う人は自分の好きな方を買うべきです。

近年、ダイワのリールも非常に技術力が上がってきてシマノ派の私もイグジストやセルテートと言ったモノコックボディを搭載したリールは魅力的です。イグジストかステラで迷ったら、やはり釣具店で現物を確認することをおすすめします。

巻きのステラ、軽さのイグジスト、どちらを選んでも後悔は無いと思います。トラウトで言えば管理釣り場ガチ勢はイグジスト、渓流ガチ勢はステラかなと。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-Lure Fishing
-, , ,