Apple WatchのwatchOSを最新バージョンにアップデートする方法

Apple Watch

iOS 13.5.1やiPadOS 13.5.1の最新バージョンがリリースされたと同時に、Apple WatchのwatchOSも最新のバージョンwatchOS 6.2.6がリリースされています。内容はセキュリティアップデートなのでこれも早めのアップデートを推奨します。

関連記事

iOSやiPadOSを最新バージョンにアップデートする方法
どうも!まきしでございます。本日iOSの最新バージョンであるiOS 13.5.1がリリースされました。内容としてはセキュリティアップデートです。iPhoneやiPadを安全に使うには必須のアップデートなので必ず実施しましょう! ...

 
本エントリーでもおさらいとして、watchOSを最新バージョンにする方法を記事にしましょう。

 

Apple Watchを充電し、Wi-Fiに接続する。

watchOSのアップデートでは、Apple Watchの充電は必須です。リスクとして、アップデート中に電池が切れる恐れがありシステムに損傷を与えるリスクがあるからです。また、Wi-FiもONにします。

 

Watchアプリからアップデートを確認する

Watchアプリ(腕時計のアイコン)をタップして、「一般」→「ソフトウェアアップデート」をタップします。これでアップデートの有無の確認が始まります。

 
最新でない場合には「アップデートを実行する」ボタンが表示されますのでタップしてください。これでアップデートが開始されます。

 
アップデートが必要ない場合には、「お使いのソフトウェアは最新バージョンです」と表示されます。

 
アップデートが完了すると、Apple Watchの通知でも「アップデートが完了しました。」と表示されます。

この記事を書いた人
まきし

2014年よりWebサイト「ご注文はMacですか」を運営しています。

Apple製品を中心に今年の5月からはほぼ毎日更新中。iMac 5Kがお気に入り。

本職は自動車の仕事しておりクルマも好き。好きな車は日産リーフ。

Apple Watch
シェアする
ご注文はMacですか?