iMacを買ったときの化粧箱とダンボールは絶対捨ててはいけない2つの理由

Mac

どうもまきしです。今回はiMacの話をしましょう。iMacを買ったときの化粧箱と段ボールは絶対捨ててはいけません。もったいないからや化粧箱のデザインが美しいからだけではなく理由があります。

 
それはなぜか?今回はそれについて解説していきましょう。

 

引っ越しや輸送のときに化粧箱とダンボールが必須

引っ越しや輸送のときには、化粧箱にiMac本体を収納しその化粧箱を購入したときのダンボールに必ず収納する必要があります。

 
これは引っ越しや輸送をする側の立場からするとわかりますが、ダンボールで発送する方が取り扱うのが楽だし化粧箱にも傷つきません。

 
ここからがポイントですが、iMacの化粧箱(iMacの写真がプリントされている、iMac本体が入っていた箱)は絶対捨ててはいけません。理由としては、iMacを設計する段階であの化粧箱に収納した上で空輸をすることを想定しているためです。

 
iMacは2020年現在、中国のフォックスコンで製造(Assembly)されています。基本的に設計段階で陸輸だけでなく、空輸で各世界に輸送することを想定しているのです。

 
そのためこの化粧箱にiMacを収納した状態で、空輸でお客様に届くまでに品質に全く影響がないよね?ということを想定して設計されています。なので、iMacにとって化粧箱に収納し、その化粧箱を保護しているダンボールに収納して輸送するのがベストなのです。

 

売却するときに化粧箱がないと減額のリスクもがある。

私はApple製品をリプレースするときは化粧箱を含めて査定してもらいます。これは売却するときに化粧箱がないとアクセサリー不足として減額されるリスクが有るためです。

【保存版】Macを売却する前にすること
Macの初期化の準備 Appleのサポートページに売却・譲渡に関する参考ページがあるので、目を通しておきます。 基本的にはクリーンインストールするときと途中まで一緒です。下記の過去の記事が参考になります。 関連リンク: 【保存版】...

 
iMacに関わらず、Apple製品の化粧箱の原価はかなり高いので、リプレースで前のモデルを売って新しいモデルに買い換えるという方は化粧箱は捨てないように取っておきましょう。

iMac 2020モデルに悲願のSSDが標準装備!お得に買うならApple Store以外で購入するのもあり。
どうもまきしです。iMac 2020モデルがリリースされました。iMac 2017をおととし購入した身としては、当時盛り盛りのスペックで購入したので少しずつスペックが離されている気もします。。 とはいえ、大好きなiMacが...