macOS High Sierra 10.13で、スリープから復帰できないトラブルを回避できるかもしれない5種類の解決策

Mac

Twitterのタイムラインでたまに目にするのが、macOS High Sierra 10.13にアップグレードしたMacがスリープから復帰できないことがあり、Macを強制再起動させるしかない場合があるようです。
 
私のMacBook Pro 15-inch Late 2013とMacBook 12-inch Early 2016は、現在macOS 10.13.1にアップグレードして2ヶ月使用しましたが、スリープに関するトラブルの現象は今のところ一切ありません。
 
MacOS High Sierra 10 13でスリープから復帰できないトラブルを回避できるかもしれない4種類の設定
 

スリープトラブルを解消する可能性がある設定

以前私のMBPをOS X Elcapitanで利用していたとき、スリープから復帰しない現象に頭を悩ませていて、頻度としては10回に8回くらいスリープのトラブルに頭を悩ませていました。
 
その際に色々と試してみて、結論としてはクラムシェルモードのバグっぽかったのでスリープをさせる前に外部ディスプレイとケーブルを外すことでスリープの問題を回避できました。
 
他にもMacのトラブルを回避できる方法があり、本エントリーで以下にまとめました。
 

セーフモードブート、SMCリセットおよびPRAMリセットを試す

関連記事: OS X El Capitanのスリープで不具合。Macのトラブルシューティングをご紹介します。
 
【セーフモードブート】
Macの電源を落としたあと、Shiftキーを押しながら電源ボタンを押し、Appleマークのプログレスバーが出現したらキーを離します。その後ログインすると、セーフモードとしてブートし、システムキャッシュ等を削除できます。その後、Macを再起動させてください。
 
【SMCリセット】
Macの電源を落としたあと、 shift+control+optionキーを押しながら電源キーを押して10秒程度保持します。その後Macを起動させます。
 
【PRAMリセット】
Macの電源を落としたあと、P+R+Command+optionを押しながら電源キーを押してMacを起動させます。起動音が2回なるまでキーを押し続けてください。
 

ワイヤレス受信によるスリープ解除を止める

MacがWi-FiとBluetoothを受信した際、自動的にスリープから復帰する機能がデフォルトではONになっています。
 
自動的にフリープ復帰>再スリープに失敗している場合があります。これをオフにしてみましょう。
関連記事: Macがスリープ中勝手に再起動するので設定を見直してみました。
 

クラムシェルモードのバグを疑う

マルチディスプレイをMacで構築しているとき、HDMI等でケーブルを接続したままスリープさせると、スリープから復帰しない場合が私の環境(10.11)でありました。面倒でもスリープ前に、外部ディスプレイのケーブルを外すことを推奨します。
*iMac 5K 2017モデルは今のところHDMIケーブルを接続したままですが、スリープに問題ありません。
 

macOSのクリーンインストール

ほぼ最終手段ですが、macOS High Sierra 10.13.1をクリーンインストールすることで問題が解消される場合があります。
 
私の場合、2台のMacともにクリーンインストールした上で、全てのアプリケーションやファイルをインストールし直しました。これにより、完全にクリーンな環境でMacを利用しています。クリーンインストールは慣れると復旧も楽なので、面倒でもトライする価値はあります。
関連記事: 【保存版】macOS High Sierra (OS X)のクリーンインストール方法とその準備
 

Time MachineからElcapitanやSierraにダウングレード

以上でも解消されない場合は、トラブルが無かった頃のOS X 10.11やmacOS 10.12にダウングレードすることも手段のひとつです。完成度が上がったころにmacOS 10.13に戻してもいいですし、次の世代のmacOS 10.14 (?)を待つのも十分有りです。