macOSの言語は英語で、アプリケーション(Microsoft EXCEL)を日本語にして使う方法

Mac

私はmacOSを英語にして使っています。その方法はメリットは過去の記事に書いていますが、やはり少しでも英語に触れる機会を増やしたいからです。

 
関連記事

Macの言語設定を英語にする方法とそのメリット
MacのOSであるmacOS (OS X)はマルチランゲージ対応なのでシステムの言語は日本語はもちろん、英語やフランス語といった各国の言語にして使えます。IMEはGoogle日本語入力等を利用できるので、言語を英語にしても日本語入力には全く...

 
しかし、使い慣れたOfficeのEXCELやAffinityはどうしても日本語で使いたかったので、調べたところOSは英語かつ特定のアプリだけ日本語で使う方法がありました。

 
本エントリーは、下図のようにmacOSの言語は「英語」で特定のアプリだけ「日本語」にする方法を書きます。

 

環境

  • iMac 5K 2017
  • macOS 10.15.2 Catalina

 

システム環境設定で言語設定を行う

システム環境設定を開き、「言語と地域」を選択してください。

 
“Apps”のタブを選択したら「+」キーをクリックします。

 
日本語で使用したいアプリを選択します。ここでは「Microsoft Excel」を選択しています。

 
アプリを選択したら言語を選択します。「日本語」をメニューから選択します。

 
アプリの名称と「日本語」がペアになっていれば成功です。アプリを再起動するとアプリの言語が「日本語」に変更されます。

 

この記事を書いた理由

macOS 10.14のMojaveを使っていた頃は、32bitアプリの“Language Switcher”を使って同様の設定を行っていました。ところが、macOS 10.15 Catalinaに変更したところ、“Language Switcher”が使用できなくなってしまい、困っていました。

 
設定を色々確認したところ、macOSの機能としてアプリの言語を個別設定できる機能がCatalinaから実装されたためそもそも“Language Switcher”が必要なくなったというオチでした。

 
私のようにmacOSは「英語」で、特定のアプリは「日本語」で使いたい方にはおすすめです。