iPhoneのOSの表示は英語にして、特定のアプリだけ日本語にする方法

iPhone

どうもまきしです。私は2011年に私にとって初めてのiPhoneである、“iPhone 4s”を使ってきた当時からOSは英語にして使ってきました。

関連記事

iPhoneの言語設定を英語にする方法
iPhoneを英語に設定して使用する理由は、私自身仕事で英語を使うのと、日本では英語に触れる機会が少ないため英語を使用する頻度を少しでも上げるためです。 関連記事: iPhoneを英語表記に設定して使うメリットは何か。 設定アプリか...

 
関連記事その2

iPhoneを英語表記に設定して使うメリットは何か。
私はiPhone 4sから5年以上iPhoneは英語で使っています。日本語にして使ったのはブログでレビューのときに表現を確認するときくらいです。今回はiPhoneを英語で使うメリットを書いてみましょう。 環境:iPhone 6s Pl...

 
iPhoneに搭載されるiOSはもともと英語で作られたOSなので英語でのフレーズがすごく自然だし、OSを英語にすれば日常使いで英語に触れられるメリットが大きいのでOSの言語を英語にして使っています。

 
今回の記事では、iOSの言語は英語のままに「特定のアプリだけ日本語」にする方法を書きます。

 

設定アプリで「アプリの言語設定を行う」

設定アプリを開いて、日本語に設定したいアプリを開きましょう。今回の記事ではSafariを例にしています。

 
「言語」をタップします。※このメニュー設定が無いアプリもあります。

 
言語を「日本語」にチェックを入れます。これで設定完了です。

 

英語表示と日本語表示の違い

比較のためにSafariのメニューを「英語」と「日本語」で比較してみました。画像右側がOSは英語で、Safariは日本語になっています。

 
この技は「OSを英語にしたけど、一部のアプリは使い慣れた日本語で表示させたい。」というときに有効でしょう。特に専門的なアプリだと英語だと使いにくすぎる!という場合にも有効です。