macOS Catalinaのミュージックアプリで音楽ファイルをAACやmp3、Apple Losslessに変換する方法

Mac

MacでWAV形式のファイルをAACやAIFF、AppleLosslessに変換したいときはないでしょうか。WAVはファイルサイズが大きいのとメタデータが取り扱いにくいので、私はApple LosslessかAACに変換して管理しています。今回はmacOS 10.15 Catalinaのミュージックアプリで使えるファイル変換の方法を紹介します。

 
関連記事

macOS 10.15 CatalinaのミュージックアプリでCDを取り込む方法
CatalinaのミュージックアプリでCDから音楽をインポートのテストをしました。結論としてはiTunesと操作手順は全く同じで、今まで通り操作ができます。

 
環境

  • iMac 5K 2017
  • macOS 10.15.1 Catalina

 

変換するWAV音源

 
先日入手したご注文はうさぎですか?? ~Sing For You~のBlu-rayには、WAV形式のハイレゾ音源(48kHz/24Bit)が収録されています。WAV形式だとメタデータが扱いにくいので、これをApple Lossless形式に変換します。

 

変換したい音楽拡張子を設定する

環境設定を開きます。続いて「ファイル」のタブを選択し、「インポート設定」で音楽の拡張子を変更できます。AAC、AIFF、Apple Lossless、MP3、WAVの中から変換したいものを選びます。

 

WAVをApple Losslessに変換する

ミュージックアプリで変換したい曲を選択した状態で、メニューバーにある、「ファイル」>「変換」>「Apple Losslessバージョンを作成する」を選択してください。これで変換は完了です。

 
変換後のファイルの情報を確認してみましょう。WAVがApple Losslessに変換されていることを確認しました。なお、WAV→Apple Losslessと変換を行っても、もとのWAVファイルは残りますのでご安心を。