新価格のApple Watch Series 3は買い!な理由。Series 3-5の比較アリ。

Apple Watch

2019年9月の発表で、Apple Watch Series 3が19800円からのバーゲンプライスになりました。Apple Watch Series 3が買いな理由を3つ書きましょう。

参考記事
https://ringo-kirara.com/apple-watch-series3-review/

Series 3-5の比較

仕様比較しやすいように図で一覧にしてみました。オレンジのセルがSeries 3に対して仕様差がある部分です。Series 3も4も5も明確な仕様差はない事がわかります。

 
色々仕様差があるように見えますがSeries 3と5を比較すると、ディスプレイサイズが異なること、常時表示がSeries 5のみであること、裏蓋の素材が異なるのみです。(電気心拍センサーは日本では使用できません。)

 

1.ワークアウトや機能はSeries 3-5でも同じ

ランニングやウォーキング、スイミングといったワークアウトで利用する場合、Series 3と5では使用できる機能に大きな差はありません。ジムやランニングへ定期的に行っている方はApple Watchはマストなツールと私自身思っています。

 
ワークアウトのモチベーションを続けるには記録することが何より大切です。Apple WatchはiPhoneよりも手軽かつ安全にワークアウトを行うにはApple Watchはマストだと思っています。

参考記事

Apple Watch Series 3をワークアウトで使ってみた感想
Apple Watchでランニングをしてみた感想と機能を説明しています。

 

2.SuicaやiDなどの電子マネーが使える

iPhoneとApple Watch Series 3をペアで使えば、Apple Watchだけで駅の改札を通ったり、電子マネーを利用できます。コンビニなどで支払いをするときに財布どころか携帯を取り出さなくてもApple Watchで買い物ができます。
 
参考記事

【Apple Pay】何ができるの?Suica使えるの?iPhoneの電池が切れるとどうなるの?
2016年より発売されたiPhone 7からSONYのFeliCaチップが搭載されました。これにより国内でもiPhoneを使った非接触型IC決済のApple Payが使えるようになりました。 FeliCaチップはNFC(Nea...

 

3.Apple WatchはiPodがわりにもなる

Apple Watch Series 3は8GBのストレージがあります。実際に音楽で使用できる領域は5GB程です。お気に入りのプレイリストをiPhoneから同期すれば十分な量の音楽をApple Watchだけで楽しむことができます。

 
参考記事

Apple Watchを使ってできること
Apple WatchはAppleの中でもやや特殊な分類なので、具体的に何ができるのかイメージがつきにくい人もいると思います。 私はApple Watchの第3世代を半年使ってきて、いろいろとわかったことがあるので、本エントリーではA...

 

あとがき

私は2017年に4万円ほどで42mmのSeries 3アルミを購入しましたが、今は2万円ほどどほぼ半額で購入できるのですね。本当にお買い得なので、iPhoneをもっと便利に使いたい方、手頃で高性能なスマートウォッチが欲しい方は間違いなく買いでしょう。