【iPhone】電車で知らない人からのAirDropを防ぐ方法

iPhone

iPhoneを電車の中など人が密集しているところで使っていると、たまにAirDrop*で写真を共有しますか?という通知が来ることがあります。これはiPhoneの設定で防げます。
*AirDropはAppleが開発したWi-FiとBluetoothを使った高速ファイル送信システムです。

 

コントロールパネルにアクセス

コントロールパネルにアクセスします。iPhone Xの場合、画面の右端から下に向かってスワイプします。(iPhone 8などのホームボタンがあるモデルは画面の下から上に向かってスワイプします。)ここで下記の赤線部分を長押しします。

 
AirDropのアイコンを長押しします。

 

AirDropの設定

ここで設定を「連絡先のみ」に変更します。これで連絡先(アドレス帳)に登録しているユーザー以外ファイルを送受信できなくなります。「すべての人」を選択してしまうと、誰からでも受信できてしまうので気をつけます。

 
AirDropの使い方についてさらに詳しく知りたい人は下記記事もどうぞ

AirDropを使ってiPhone (iPad)やMacの間でファイルを送受信する方法
AirDropでファイルを送受信する方法を紹介。iPhone、iPad、Macで使える。