Apple Watchの文字盤(フェイス)のおすすめの設定: 用途を絞り、シンプルにすると使いやすい。

Apple Watch Series 3を購入して一週間が経ちました。初めてのApple Watchでもあり、1番悩んだのが文字盤(フェイス)の設定です。Apple Watchでは、Appleの売りとしてディズニーキャラクターのミッキーや、Watch OS 4では、トイ・ストーリーのキャラクターも選べるようになり、話題となりました。

 
Apple Watchの文字盤はiPhoneにプリインストールされている、“Watch”アプリを使って手軽にカスタマイズできます。Apple Watch本体でカスタムする際には、文字盤をプレスするとメニューに入れます。

 

Apple Watchの文字盤 フェイス は用途に絞り 3画面でシンプルにすると使いやすくなります 1

 
私にとってのApple Watchの立ち位置は、あくまでも「腕時計であり、iPhoneのサポートとヘルスケアの管理人」という位置づけなので、Apple Watchの機能は用途を絞って限定的に最大限使うことに決めていました。

 
その結果、私にとって最も身近で素敵なデバイスであるApple Watchの文字盤とそれぞれの用途を今回記事にしたいと思います。

 
文字盤は3画面に絞り、「迷う」ことがなくなりました。

 
Apple Watchはプリセットで10種類以上の文字盤がセットされています。最初は楽しく色々と操作していたのですが、結局使用するのは限られた文字盤しか使わないことに気がつき、3種類に絞りました。

 
私が設定しているのは、“Utility”, “Color”およびActivity Digitalの3種類です。これらがとても多機能で使いやすいです。

 

Apple Watchの文字盤 フェイス は用途に絞り 3画面でシンプルにすると使いやすくなります 2

 
セットその1: メインの文字盤

 
私はワークアウトや釣りを除いてほとんど1日中この設定で使っています。画面は非常にシンプルな白文字盤ですが、あえて秒針をライトオレンジにすることで視認性を大きく上げています。

 
機能としては、中央に日付と曜日、左上に心拍数、右上にバッテリーそして、ストップウォッチをセットしています。ストップウォッチは読書をするときや、勉強をするときにいつも使っているので必須でした。この組み合わせが今のところ最もお気に入りですね。

 
Apple Watchの文字盤 フェイス は用途に絞り 3画面でシンプルにすると使いやすくなります 3

 
セットその2: アウトドア用

 
この組み合わせは、アウトドアや釣りを想定しています。セットその1とほぼ同じデザインですが、釣りの状況把握に大切である天気と気温をセットすることで、状況を早めに予測できるため対策を取りやすくなります。

 
Apple Watchの文字盤 フェイス は用途に絞り 3画面でシンプルにすると使いやすくなります 4

 
セットその3: ワークアウト用

 
最後はワークアウト用です。基本的にワークアウト中はこの画面にしています。ワークアウトでに関連するアクティビティや心拍数、ストップウォッチ、深呼吸を配置しています。

 
ただし、この画面はまだ未完成でワークアウト用のBluetoothイヤフォンを入手したら、ミュージックアプリを追加する予定となっています。

 
Apple Watchの文字盤 フェイス は用途に絞り 3画面でシンプルにすると使いやすくなります 5

 
あとがき

 

Maxy

今のところこの3種類を使い分けてApple Watchを運用しています。文句なしに使いやすくて今までで最高の腕時計です。Apple Watchは文字盤を自分好みにカスタムできるので、スタイルや趣味、好みに合わせて色々とカスタムしてみると面白いですよ!

よろしければシェアお願いします!