Apple Watchに地図を表示して快適に移動しよう。

Apple Watch

Apple Watchでかなり有用な活用法が、地図の表示です。iPhoneで設定した目的地までの道のりを表示できるだけでなく、「ここで曲がりますよー」と振動でユーザーに通知するためiPhoneを見なくてもApple Watchを見るだけで曲がることがわかります。

 
今回の記事では、Apple Watchに地図を表示して目的地までどのようにApple Watchが案内してくれるかをご紹介します。

環境

  • Apple Watch Series 4
  • Watch OS 6.2.1

 

iPhoneの「地図」アプリで目的地を設定する。

iPhoneで現在地から目的地までのルート設定を行います。設定したら「GO」をタップしてください。

 
これでマップアプリにルートが表示されます。これで設定完了なので、Apple Watchのマップアプリを起動してみましょう。

 
Apple Watchにルートが表示されます。

 
道なりに進んで分岐で曲がる必要があった場合、Apple Watchから振動で「ブルブル」と震えるはずです。Apple Watchの画面を見てその方向に移動しましょう。これがなかなか優秀です。

 

ルート案内の停止

目的地付近に近づき、もう地図が必要ないと感じればiPhoneで開かなくてもApple Watchでルート案内の停止できます。

 
この記事で紹介した機能は便利で、しかもGoogle MapsではAppleWatchと連携できない機能なのでAppleのマップも良いものですね。