iPhone 12 Pro MAXを買ってから注意したい3つのこと

iPhone

どうもまきしです。iPhone 12 Pro MAXを購入して、およそ1週間が経ちました。

iPhone 12 Pro MAXが届いたので早速開封の儀
どうもご無沙汰しております。まきしです。11月13日発売のiPhone 12 Pro MAXをついに入手したので、開封の儀を行っていきましょう。iPhoneをリブレースするのはもう3年ぶりのアップデートで、iPhone Xからの買い替えです...
iPhone 12 Pro MAXの4つのいいところと感想
どうもまきしです。前回iPhone 12 Pro MAXのネガティブな部分を書かせていただきました。 しかし、基本的に私はiPhone 12 Pro MAXを買って大満足しています。今回はiPhone 12 Pro MAX...

 
今回の記事ではiPhone 12 Pro MAXを使っていて注意すべき点について3つ書きたいと思います。

 

片手での操作がしんどい

当たり前ですが、6.7インチは片手での操作をあまり考えていません。私は以前5.8インチのiPhone Xを使ってきましたが、片手で快適に使えていました。

 
ですが6.7インチという大きさは片手での操作が難しいです。できなくはないですが、画面の上の部分はかなり無理しないと操作ができないです。基本的に両手で扱うことをもとに設計されているんだなあと思います。

 
もちろん6.7インチの画面サイズは閲覧には最高のサイズなので、それとのトレードオフという感じでしょうか。

 

大きすぎてポケットに入れるのが難しい。

iPhone Xを使っていた頃は、ズボンのポケットかカラビナ付きのポーチに収納していました。

 
しかし、ポケットに入れるとかなり膨らみが大きくなってしまうので不快だし、何よりズボンのポケットだと落としそうで怖い。愛用のポーチにも入らなくなってしまったので結局今はカバンの中に入れています。

 
これは取り出しやすいように別途ポーチを購入して、快適にいつでも出せるような仕組みを工夫しなきゃ、「携帯電話」としての手軽さを出せないなと今ポーチを物色中です。

 

かなり重量があるので要注意

iPhone 12 Pro MAXは本体だけで226グラムあります。私は手帳型ケースとガラスフィルムを装着しているので、正直かなり重いです。

 
持った感触としては、結構ずっしりします。かといってこの大きさだと落とした時のダメージも大きいのでケースは正直必須です。ケースや画面の保護フィルムに関しては別途記事にしますが、確実に全面を保護できるケースを選択することを推奨します。

 

あとがき

iPhone 12 Pro MAXはかなり気に入っているので、あえて辛口な部分を書かせていただきました。もちろんいいところはたくさんあるので、それは別途記事にしていきたいと思います。

 
結論から言えばデカさと重さを許容できる人が、iPhone 12 Pro MAXを扱えるのだなあ思います。個人的には今まで使ったiPhoneの中では最高の出来なので、これからも大切に使いたいです。

iPhone 12 Pro MAXの4つのいいところと感想
どうもまきしです。前回iPhone 12 Pro MAXのネガティブな部分を書かせていただきました。 しかし、基本的に私はiPhone 12 Pro MAXを買って大満足しています。今回はiPhone 12 Pro MAX...