Lure Fishing

20スコーピオン2701FF-2 レビュー(インプレッション)。18ワールドシャウラ2701FF-2と比較。

どうもみなさんこんにちは。まきしです。

今回の記事ではSHIMANO 20スコーピオン2701FF-2のレビューを18ワールドシャウラ2701FF-2との比較を交えてしていきます。ワールドシャウラは私が思い描いていた究極の「ライトバーサタイル」スタイルで大満足しています。

 

そのワールドシャウラとほぼ同じスペックを持ったのがSHIMANOのスコーピオンです。スコーピオンはワールドシャウラと同様に1&ハーフ構造の仕舞寸法130センチのロッドです。

結論から言えば、ワールドシャウラに迫るほどの性能のハイコスパモデルです。買って損なしです。

 

まきしの釣り歴の紹介

私まきしは、小学生よりヤマメやイワナをターゲットとした渓流でのルアーフィッシングを楽しんできました。20年ほど渓流でのルアーフィッシングの経験があります。得意なのは7フィートのワールドシャウラ2701FF-220シマノツインパワー2500HGSを使ったロングキャスティングスタイルです。

スプーンのシェイキングとドリフト、ミノーのトゥイッチング、U-エフェクトが得意です。ヤマメだと1000匹くらいは生涯で釣り上げてきました。

 

渓流でのルアーフィッシングのベテランでしたが、2021年ごろ管理釣り場の面白さを再認識して現在はエリアフィッシングも熱中しています。

使用タックル

 

20スコーピオン2701FF-2と18ワールドシャウラ2701FF-2の違い

ブランクスはスコーピオンはスパイラルXを搭載、ガイドはステンレスフレームSIC、ストレートのコルクグリップを搭載しています。

一方ワールドシャウラはハイエンドらしくスパイラルコアX、チタンフレームSIC+トルザイトリング、カーボンモノコックのセパレートグリップを搭載しております。

また、スコーピオンは120g、ワールドシャウラは100gとワールドシャウラの方が軽くなっております。

生産国はスコーピオンがインドネシア製、ワールドシャウラは日本製です。

 

スコーピオンの正体はジェネリックワールドシャウラ

ぶっちゃけたことを言えば、20スコーピオンは10年ほど前に売っていたフルモデルチェンジ前の青色ブランクスのワールドシャウラと同じカーボンを使っております。

ゆえに、パワーやバンドカーブなどはほぼ同じで、10年前のハイエンドロッドの性能を格安で楽しめる最高のロッドです。

青ワールドシャウラの頃から、シマノのワールドシャウラは他社メーカーと圧倒的に差があると言われていましたがまさにその通りです。

ねじれのなさ、ブレのなさ、綺麗なベンドカーブ、折れそうにない剛性感とやはりシマノのロッドの技術は半端ないです。

これなら例えば8フィート代のスコーピオンを買えば、最高の性能でサクラマスやリバーシーバスを楽しめると思いましたね。本当にいい時代になりました。

 

20スコーピオン2701FF-2の実際の使用感

ここからレビューに入ります。スコーピオンに組み合わせるリールは20ツインパワーC2000SHGです。

まず印象に残ったのが、ほとんど持ち重りしないバランスの良さを感じました。

振った感触として、ガイドにステンレスフレームを採用しているゆえ、ブランクス側がやや重いためか若干ワールドシャウラ2701FF-2よりも柔らかいです。

ゆえにワールドシャウラよりもルアーのウェイトを乗せやすくて、投げやすい印象がありました。初心者の方はワールドシャウラよりもスコーピオンの方が圧倒的に投げやすいです。

スコーピオン2701ff-2を使用して、管理釣り場で奥さんに2-3グラムのスプーンやクランクを投げてもらいましたがかなり快適でした。

ライトバーサタイルの二つ名は伊達ではありません。

 

また、ロッドにバットパワーがかなりありつつも、全体的に柔らかめなので、キャストはしやすいですね。

全体的にはマイルドなワールドシャウラと言って良いと思います。

ちなみにうちの妻が50オーバーのニジマスをヒットさせましたが、綺麗なベンドカーブを描きうまく魚のパワーを吸収させている印象でした。

初心者の妻でもバラシもなくランディングできたので、スコーピオンのポテンシャルがあるなあと思いましたね。

ワールドシャウラのロッド性能を100とすると、スコーピオンは85くらいで使っていて全く不満が無い感じです。

この性能が2万中盤で手に入るなんてほんといい時代になりました。正直言って、このルアーロッドが有れば似たような性能の他社のロッドは必要ないな。と本気で思います。

 

20スコーピオンの欠点

20スコーピオンの欠点ですが、全くないわけではないです。

まず、ロッド自体が120gと重めなので超高感度ロッドではないです。人によってはややだるいと感じるかも?感度は調子がキンキン気味なワールドシャウラの方が上ですね。

また、インドネシア製ゆえ品質が甘いです。ガイドの部分に接着剤の汚れのようなものがあってキッチンペーパーで水拭きしました。それ以外はオッケーでした。

海外製だからという理由で、品質が日本製と同等でないのはあり得ません。ここは改善して欲しいところ。

初期不良がある場合は、遠慮なくシマノに言ったほうが良いですね。

また、ロッドベルトは付属するのはいいんですが、付属のロッドケースがかなり収納しにくいです。

普通の布袋で良かったのにティップを入れる部分が狭くて、ティップ側に負荷がかかりそうでちょっと怖いです。

ロッドケースが気になる方は、別途釣具屋さんで買った方が良いです。

 

スコーピオンはワールドより半額で買える

スコーピオンはジェネリックなワールドシャウラですが、お値段はワールドシャウラの半額以下です。

2701FF-2のようなライトバーサタイルロッドはたまにしか使わないというので有れば、スコーピオンをセカンドロッドとして購入するのは十分ありです!

ワールドシャウラと比較しても実釣ではそれほど変わりはないので、ハイエンドが必要な方でなければスコーピオンは最高の選択肢になるでしょう。

 

結論: ライトバーサタイルの超コスパモデル

ワールドシャウラ2701FF-2を私のメインロッドとして購入し、妻のロッドとしてスコーピオン2701FF-2を購入しました。

結果としては大満足です。この値段でこれだけの性能のロッドが手に入ること自体さすがはシマノだなと思いました。

かなりワールドシャウラよりもスコーピオンの方が投げやすいので、女性でも扱えるのも良いところ。

とにかくクセがないのではじめてルアーフィッシングを始めて、バスやトラウトもシーバスもやりたい!というユーザーさんにはまさにこのスコーピオン2701FF-2は最高の選択肢になると思います。

管理釣り場ではややオーバーパワーですが、遠投できるので誰も投げてない場所まで投げてやりましょう笑

一度試してみてください。もうシマノのロッドで慣れると他社が使えなくなってしまいそうです。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-Lure Fishing
-, , ,