渓流のヤマメに対して有効なルアーとアクションを考えてみる

私はヤマメ釣りが大好きです。ヤマメはアグレッシブにルアーに当たってくる力強さと獰猛さを持ち、頭が良くて警戒心が強いので難しいアプローチを求められるルアーフィッシングのターゲットだからです。

 
今回の記事では、渓流のヤマメに対して有効なルアーのアクションを考えていきましょう。

 

基本は気持ち速めのアクションで

私はアップストリームでシンキングミノーを使う場合、流れが100としたら110くらいのスピードで巻いています。

これはヤマメはルアーをよく見ているので、偽物だと見切られないためです。

*ハイスピードで巻くにはハイギア+大口径スプールが有効です。以前記事にしました→渓流のルアーフィッシングのスピニングリールはハイギアがおすすめです。

 
イワナの場合、ルアーのスピードを緩めて食べることはよくありますが、ヤマメの場合見切られてバイトに至らないことは散々ありました。ヤマメの降海型であるサクラマス釣りとは異なり、ヤマメ釣りに食わせの間は要らないと思っています。

 

ヤマメの縄張り意識を刺激する

ヤマメはテリトリーを非常に意識する魚です。例えば流れ込みや岩があるポイントにヤマメ1匹だけが陣取っていることもあります。

 
ヤマメのテリトリーに、ルアーが入ってくると「自分のテリトリーで勝手に何してるねん!」という感じでルアーに猛然と向かってきます。

 
追ってきたらトゥイッチングによる激しいアクションが非常に有効です。怒っているヤマメをさらに煽ることでバイトに持ち込みます。

 
そのため、激しいトゥイッチングで飛び出さないミノーやスプーンのチョイスが必要です。ヤマメに有効なルアーに関しては、別記事で取り上げたいと思います。

 

食いが渋いときのトレースコース

ストリームに対して、完全なアップではアクションが単調になります。そこでアップクロスストリーム気味にトレースすることで今まで食べなかった魚が食べることがあります。

写真のように川に対してUの字にルアーを引くことで、ルアースピードに急激に緩急をつける事ができ、魚がバイトするトリガーになるためです。

 
過去に何度も経験があるのですが、アップストリームで攻めたあとに、ポイントに対してクロスストリームにするとバイトすることがありました。これはアクションやリーリングのスピードの違いでバイトを誘発できると考えています。