Lure Fishing

ヴァルケインルアーレビューその1: クランクベイト クーガ

どうもみなさんこんにちは。まきしです。ヴァルケイン クーガのレビューを書いていきます。

ヴァルケインクーガですが、結論から言えばかなり釣れます。管理釣り場でのサーチベイトに向いております。

今回はヴァルケインの代表的なクランクベイトであるクーガについてレビューしていきます。

ポイントは美味しいスポットのシャローレンジを簡単に引けること

管理釣り場で食い気がある魚のいるレンジはどこかと聞かれれば、まずは水深50センチほどのシャローレンジだと思います。

特に秋や春などの季節ではいろんなレンジに魚が散りますので、この50センチまでのレンジが絶妙にハマることがあります。

アクションはかなり強めのウォブリングで、2秒に1回転から1秒に1回転ほどのハンドルの巻きでバイトを誘えます。基本的にタダ引きでオッケー。

絶妙なのが速めに引いても遅めに引いてもアクションがほぼ変わらない点もお気に入り。

つまりあまり難しいことを考えなくても、超簡単に使えるので特に初心者さんに向いたクランクベイトだと思います。

 

飛距離は安定して15メーター以上飛ぶ

管理釣り場のプラグで私が重要視しているのは安定した飛距離です。クーガのいいところは飛距離が安定して出せることですね。

私の管理釣り場のタックルは7フィートミディアムライトアクションのスピニングに5ポンドのナイロンとヘビーなタックルです。

が、クーガはきちんと15メーター以上飛ぶので使いやすいです。これは飛行姿勢が安定しているためと考えられますが、2g程度のプラグとしては飛距離は合格点です。

 

フローティング・シンキング・ハイフロート3タイプの使い分け

クーガにはフローティング、シンキング、ハイフロートの3タイプがあります。

どのモデルも良いですが、おすすめは飛距離を含めてフローティングとシンキングモデルがバランスが良く使いやすいです。

50センチまでを素早く探れるフローティング、それよりもう少し下のレンジを強いアピールで探りたい時はシンキングがおすすめです。

ハイフロートは魚が完全に表層を意識してトップゲームを展開したいときにおすすめです。

3タイプそれぞれ買ってみて使い比べてみるのもおすすめですよ。ちなみにヴァルケインさんはルアーのアイ(目)の色が赤はシンキング、青はハイフロートと色でタイプが判るように設計されていますので見分けるのが楽ですよ。

created by Rinker
ヴァルケイン+
¥18,810 (2022/10/04 06:27:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

クーガは初心者ほど使って欲しいクランクベイト

以上からクーガは飛距離やアピール力の強さを含めて非常に使いやすいクランクベイトです。

投げてゆっくり巻くだけで釣れるので、管理釣り場の初心者さんは一個は持っておくといいかと思います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まきし

2014年よりWebサイト「Apple Compass」を運営しています。 メーカーに勤めながら大好きなApple製品を中心に記事を更新しています。レビューのご依頼や記事に関する質問はお問い合わせフォームまでお気軽に。

-Lure Fishing
-, , ,