Apple Watchのアラームを使う方法とiPhoneにないメリット

Apple Watch

Apple Watchの見逃せない機能として、アラーム機能が挙げられます。通常iPhoneのアラームだと周りの人を起こしてしまったり、遠くにiPhoneがあってアラームに気がつかなかったなんてことが過去に私にはありました。。

 
今回の記事では、Apple Watchのアラーム機能を使う方法とメリットを書いていきましょう。

 

Apple Watchのアラームアプリを設定する

Apple Watchのアプリ一覧をデジタルクラウンをクリックして表示し、アラームをタップします。

 
「アラームを追加する」をタップします。

 
デジタルクラウンを回して、時間をセットします。僕はこのとき30分ほど仮眠をするために23:55にセットしました。

 
これでアラームがセットされました。ON/OFFのボタンも表示されていますね。

 
アラームをセットした23:55になるとアラームが起動します。Apple Watchのアラームは、音は発生しませんが腕に振動で「ブルブル」となかなか強力な振動で起こしてくれます。「ストップ」をタップすると、アラームを終了します。「スヌーズ」をタップすると9分後にもう一度アラームが起動します。

 

Apple Watchのアラームのメリット

Apple Watchのアラームの最大のメリットは、「音がならないところ」ですね。本人しかわからない強力な振動で起こしてくれることでしょう。

 
周りに家族がいるときや、早朝自分だけ起きなければならないとき、他にも僕のようによる少しだけ仮眠したい人に向いております。これがApple Watchにしかないメリットでしょう。

 

Apple Watchのアラームのデメリット

メリットだけでなく、デメリットも存在します。それはApple Watchを寝るときにも身に着けなくてはいけないということ。朝の目覚ましとして使う場合には、夜も身につける必要があるためバッテリーが朝少なくなっている恐れがあります。

 
そのためApple Watchの充電ケーブルをかばんに忍ばせておくと良いかもですね。

【レビュー】旅行におすすめ!Apple Watch磁気充電ケーブル 0.3m
Apple Watchを装着していると、帰省やお泊りなどで不安になるのがApple Watchの電池の残量です。Apple Watchは気をつけていれば3日以上は実用稼働時間として使えます。 関連記事 ところが、1日...